高級デリヘルの面接ってどんなの?

高級デリヘルで働いてたくさん稼ごう!面接ではどんなことに気を付ければ良いのか? - 高級デリヘルの面接ってどんなの?

高級デリヘルの面接ってどんなの?

htrsths
風俗の中でも、特に今稼げる場所のトップランクに入るものといえばやはり高級デリヘルですね。
富裕層の利用者が多く、サービス料も大衆デリヘルに比べると二倍近くになるから、単純に稼げるお金も倍近くになると言っていいでしょう。
しかし、高級デリヘルというのはデリヘル嬢になるためには普通のデリヘル店で働くのとはまるで難易度が違うんです。
もしも、高級デリヘルで働いて稼ぎたいという人がいるならこういう面接があるんだということを知っておいてほしいですね。

高級デリヘルは面接必須

デリヘルだけでなく、風俗店の中でも比較的緩いお店だと直接面接をすることがないところもあるのですが、高級デリヘルでは例外なく面接が必須です。
しかし、この面接が普通のアルバイトなどの面接などのような感じのものを想像している人は悪いことは言いません、すぐにあきらめましょう。
はっきり言って高級デリヘルの面接は超難関です、正直言うと一流企業の最終面接レベルの難易度と格式が求められますので生半可な覚悟で行くと門前払いされますので気を付けてください。

高級デリヘルの面接でみられること

まず、第一に高級デリヘルの面接ではどういうところを見られるのかということを知っておきましょう。
まず一番に見られるのは何といっても容姿ですね。
高級デリヘルというのはデリヘル嬢のレベルが高く特に容姿レベルというのはかなり高いボーダーラインを持っています。
なので、ちょっとかわいい、ちょっと綺麗程度でははっきり言ってもう面接に来た瞬間ほぼおとされると思っていいでしょう。
高級デリヘルの面接をまず容姿の段階で通り抜ける女性というのはモデルやアイドルでも通じるぐらいの抜群の容姿とスタイルを持っている女性だけなので、相当自分の容姿に自信がない人でないと高級デリヘルの面接通過は諦めたほうがいいでしょうね。
しかも、これはゴールではなく容姿での篩にかけられて残った人はようやっとそこでスタートラインに立てるというレベルなのを覚えておきましょう。

教養と常識を見られる

言ってみれば、富裕層のお客様を楽しませることができる人材かということを見られます。
そのためには、どんなに容姿が綺麗でも常識がない女性や品のない女性、言葉づかいがなっていない女性、質の高い接客ができなさそうな女性はやはりこの段階で全部おとされます。
ある程度上品で教養を感じさせる立ち振る舞いや言葉遣いができて、気遣いや接客へのプロ意識を持てるかどうかということもじっくりと面接の中で見られます。
正直、この辺の接客レベルの要求レベルの高さは全日空のCAさんクラスや大企業の秘書レベルのものを要求するようなお店もあります。
はっきり言って、かなり狭き門なので非常に厳しい世界であり殆どの人が受からないものなんだ、と思って挑戦する必要があります。
流石に本当にまんま上場企業のように何日も日程を分けて面接を分けたりはしませんが競争率や合格率はそれと同等か下手するとそれよりも少ないくらいなのだと覚えておきましょう。

まとめ

高級デリヘルの中でも、特に最高ランクの高級デリヘルというのはソープ以上に稼ぐことができるのですがその分風俗嬢になる女性への要求レベルも相当高いです。
風俗嬢だから可愛くてエッチなサービスが上手ければいいんでしょ、と思っている人もいるかもしれませんが高級デリヘルの面接はその人の常識レベルもかなり厳しく見られます。
サイトPR:東京の高級デリヘルはこちら

Copyright(C)2016 高級デリヘルの面接ってどんなの? All Rights Reserved.